松雲閣

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

松雲閣(しょううんかく)(後に祥雲閣と改名)は、綾部市並松町にあった大本の建物。本宮山の麓、由良川の川沿いにあり、霊界物語の最初の口述場所として使われた。現在その跡地には旅館「現長(げんちょう)」がある。

概要

この建物は大正10年(1921年)に、東京に住む信者の中野岩太[1]が別荘として建てた。[2]

同年10月18日、王仁三郎は霊界物語の口述を松雲閣で開始する。第1巻から、飛び飛びだが計17巻口述した。

大正14年(1925年)、王仁三郎は松雲閣を買い取るが、昭和21年(1946年)に再び中野が買い戻した。[2]

昭和2年(1927年)3月10日、祥雲閣正門入口の霊石「竜頭石」を本宮山に安置。本宮山に竜神道を造ることを決定。[3]

昭和12年(1937年)から賃貸しして旅館「現長」が開業したが、昭和23年に現長の経営者が購入。平成6年(1994年)に全面改築することになり、建物は大本信徒連合会に譲られ、綾部市上野町の愛善荘の裏手に移築された。[2]

しかし老朽化のため新しい部材を多く用いて復元された。

名称

松雲閣は後に祥雲閣と改名されたが、その時期は判然としない。霊界物語では大正12年(1923年)7月15日口述の第65巻から「祥雲閣」が使われている。

大本年表』や『大本七十年史[4]には、昭和9年5月に神生館という宿舎を松雲閣に移し、昭和10年6月にそれを「祥雲閣」に改称したと記されている。

脚注

  1. 中野岩太は宝生流の中野茗水の本名。父は東京商工会議所会頭を務めた中野武営。岩太の四男・貞四郎出口尚江(王仁三郎の四女)と結婚し、三千麿と命名された。
  2. 2.0 2.1 2.2 『あやべ市民新聞』平成6年(1994年)2月10日「ふるさと探訪9 王仁三郎聖師が使った松雲閣」
  3. 大本年表
  4. 『大本七十年史 下巻』「神苑の造営と祭事#