春山彦

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

春山彦(はるやまひこ)は、霊界物語に登場する人物。間の国の酋長[1]

概要

主なエピソード

第9巻第27章#から第37章#に登場する。第28章以降は春山彦の館が舞台となる。

  • 第27~28章:間の国ウラル教鷹取別が支配しており、春山彦は部下として仕えていたが、秘かに三五教を信仰していた。宣伝に現れた梅ケ香姫を自宅に匿う。そこには姉妹の松代姫竹野姫が先に匿われていた。
  • 第29~31章:春山彦が松竹梅の三人を匿っていることが知られ、春山彦の同僚の照山彦竹山彦が三人を捕まえに来る。白狐(鬼武彦の部下)が三人に化け、捕縛されて連れて行かれた。その後、竹山彦が戻って来て、自分は大江山の鬼武彦の化身だと正体を明かす。
  • 第32~33章:駒山彦が春山彦の館に現れ、松竹梅の三人と久しぶりに再会を果たした。
  • 第34~37章:間の森照彦が現れ、村人たちが騒いでいる。そこへ春山彦が現れ、照彦を捕まえて(捕まえたフリをした)自宅に連れ帰った。照彦は三姉妹と再会を果たす。そこへ鷹取別の部下が、捕まった(捕まったことになっている)照彦を移送するためやって来た。照彦は連れて行かれるが、それは白狐の化身で、本物の照彦は館にいた。照彦は自分は月照彦の再来だと正体を明かす。そこへ鷹取別の部下・遠山別が現れ、春山彦の三人の娘(秋月姫深雪姫橘姫)を常世神王の側に出仕させるため連れて行くが、それも白狐の化身で、本物の月雪花は館に居た。宣伝使一行は月雪花の三人を伴い、目の国目指して進んで行く。

似たような名前の人物

脚注

  1. 第10巻第2章#:「間の国の酋長、春山彦が館に罷り出で」
  2. 第9巻第31章#:「花咲き匂ふ春山の 郷の司の春山彦」