敷島新報

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

敷島新報(しきしましんぽう)(敷嶋新報)は、大正時代の大本の機関誌。

廃刊となった『直霊軍』にかわるものとして、大正3年(1914年8月15日に創刊された。

始めはB4版、月刊だったが、後にB5版、月2回刊になり、さらに旬刊(10日ごとに発行)になった。

直霊軍』同様、執筆から印刷・製本・発送まで出口王仁三郎が一人で行っていた。[1]

大正5年(1916年)4月11日に「根本学社」から『このみち』が創刊されたが、その後、『敷島新報』と『このみち』が合併し、誌名が『敷島新報・このみち』になった。

浅野和三郎の大本入りを機に、大正6年(1917年)1月、『神霊界』と改題し月刊となった。

脚注

  1. 出口和明大地の母 下巻』281頁

参考文献