市公

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

市公(いちこう)は、霊界物語に登場する人物。2人いる。

(1) 第16巻に登場する市公(櫟公)。秋山彦の家来。岩公磯公と共に登場する。第16巻第14章鵜呑鷹#では「市公」だが、それ以降は「櫟公」と表記されている。 →「櫟公

(2) 第69巻に登場する市公。国照別(国州)の子分。単に「市」とも呼ばれる。駒公(駒治)や馬公と共に出る。

この3人は深溝役所の目付で、国照別を追って懸橋御殿まで来たが、そこで国照別の子分になった。第69巻第15章四天王#第21章貴遇#に出る。