小松林

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

この項目はまだ書きかけです。

小松林(こまつばやし)(小松林命)は、上田喜三郎を守護していた神霊。

概要

当時の大本の幹部からは、小松林は「四つ足の悪の守護神」だと思われており、喜三郎は盛んに迫害された。(第37巻・第38巻参照)

しかし実際にはミロク様の系統の霊であった。「五六七神様の霊は皆上島へ落ちて居られて、未申の金神どの、素盞嗚尊と小松林の霊が、五六七神の御霊で、結構な御用がさして在りたぞよ。ミロク様が根本の天の御先祖様であるぞよ。国常立尊は地の先祖であるぞよ」〔大本神諭大正5年旧9月9日(教祖神諭)#

最初は「男山の眷族」の小松林として現れているが[1] [2]、これは京都府八幡市の男山(鳩ヶ峰)に鎮座する岩清水八幡宮の眷族という意味である。

喜三郎にはこれより十年間、小松林が付きそうことになる。[3]

小松林は竹内宿禰の霊だと推測される。「小松林は八幡宮の高等なる眷属神にして、生前は武士なり。神功皇后の軍に従いて、三韓を征し玉いし英雄なりしなり」[2]

新月の光』によると、後小松天皇(100代、在位1382-1412)は小松林の霊で住吉神社の眷族になっていた。[4]

主なエピソード

脚注

  1. 第37巻第19章#:「俺は男山の眷族小松林命であるぞ」
  2. 2.0 2.1 『出口王仁三郎著作集 第1巻』収録『本教創世記』「第十章 幽斎修業#
  3. 前出「第十章 幽斎修業#」:「余は常に、この神と入魂となり、余が修行中、すなわち十か年間は、小松林の御名を拝借する事を赦されたり」
  4. 新月の光』0331「後小松天皇」

外部リンク