大自在天

提供: Onipedia
大自在天神から転送)
Jump to navigation Jump to search

大自在天(だいじざいてん)及び常世神王(とこよしんのう)は、霊界物語の登場人物。大国彦の称号。 →詳細は「大国彦」を見よ

表記ゆれ:自在天大自在天神

「大国彦」と呼ばれるより「大自在天」「常世神王」等と呼ばれることの方が多い。[1]

第39巻以降は「梵天帝釈(ぼんてんたいしゃく)」を冠して「梵天帝釈自在天」と呼ばれる場合がある。

大自在天は仏典に登場する仏の名であり、記紀の大国主のことである。[2]

第5巻第17章勢力二分#で、常世城を拠点にしていた大自在天・大国彦は「常世神王」に改称した。[3]

第10巻黄泉比良坂の戦いで大国彦は「日の出神」の名を騙り、部下の広国別に「常世神王」と騙らせている[4]。そのため第10巻での「常世神王」は大国彦を指す場合と鷹取別を指す場合がある。

大国彦の子の大国別イホの都バラモン教を創始し「大自在天」と称した[5]、霊界物語に記されているが、大国別は名前だけの登場であり、その回数も少ないため、「大自在天」が大国別を指している場合はほとんどない。

世間一般の大自在天

一般に大自在天とは、ヒンドゥー教の最高神であるシヴァ神の別名である。他の別名 Maheśvara (マヘーシュバラ)(大主宰神の意)が大自在天と訳された。

七福神の一人・大黒天はシヴァ神と大国主が習合したものである。

(霊界物語で「梵天帝釈自在天」と呼ばれる場合があるが)梵天と帝釈天は共に仏法を守護する神。

脚注

  1. 使用回数は、大自在天207回、自在天123回、大自在天神9回、常世神王200回、大国彦195回
  2. 第3巻序文#:「この物語のうちに大自在天とあるは、神典にいはゆる、大国主之神の御事であつて、大国彦命、八千矛神、大己貴命、葦原醜男神、宇都志国魂神などの御名を有したまひ、武力絶倫の神にましまして国平矛を天孫にたてまつり、君臣の大義を明らかにし、忠誠の道を克く守りたまふた神であります。本物語にては大自在天、または常世神王と申しあげてあります。 大自在天とは仏典にある仏の名であるが、神界にては大国主神様の御事であります」
  3. 第5巻第17章勢力二分#:「大国彦は、大鷹別以下の神々とともに常世城において、堅固なる組織のもとに神政を開始した。しかして大自在天を改名して常世神王と称し」
  4. 第10巻第1章常世城門#:「体主霊従の政策を 広国別に事依さし 天下を偽る常世神王とこそ称へけり」、第10巻第2章天地暗澹#:「常世神王広国別、ア、イヤイヤ、大国彦神に申し上げます」
  5. 第15巻第1章破羅門#:「茲に大自在天大国彦の末裔大国別、醜国姫の夫婦をして、埃及のイホの都に現はれ、第二のウラル教たる婆羅門教を開設し、大国別を大自在天と奉称し」「婆羅門の教は、一旦日の出神と偽称したる大国彦の子にして、大国別自ら大自在天と称し」

類語