夏山彦

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

夏山彦(なつやまひこ)は、霊界物語に登場する人物。イホの都の酋長[1](またはイホの酋長[2])。

概要

  • 初出:「夏山彦」という名前で呼ばれるのは第12巻第5章初貫徹#が初めてだが、それ以前に第2章直会宴#で「酋長」と呼ばれて登場している。
  • 本人が出るのは第12巻だけである。名前だけならそれ以降も少し出る。

関連人物

主なエピソード

イホの都の国魂神の祠で祭典が行われた。直会の宴で人々が、不作で苦しむ不満を爆発させ、金持ちの春公春彦)に対して倉のを開放して食糧をよこせと要求する。酋長(夏山彦)は人々をなだめ「イホの人間は八分までウラル教だから隠していたが、実は自分は三五教だ」と言明する。「ウラル教に呆けて仕事もせず酒ばかり飲んで利己主義(われよし)をやって世の中を曇らすので邪気が発生して天候不順になるのだ。改心すると誓ってくれ」と言う。群集のリーダー格の初公行平別)が号令をかけ、群集は二人に襲いかかる。そこへ三五教の4人の宣伝使(蚊取別三光の宣伝使)が現れ、暴動を鎮めた。〔第12巻第2章直会宴#第3章蚊取別#

4人の宣伝使は初公を伴い、夏山彦の館へ向かった。夏山彦は一行を饗応する。そして「白瀬川の6つの滝に悪魔(大蛇)が現れて数多の人民を苦しめている。宣伝使がやって来て言向け和して下さるよう祈っていた」と教える。宣伝使一行は白瀬川の悪魔退治へ向かった。〔第12巻第4章初蚊斧#第6章招待#

──というのは実は夢だった。木の下で寝込んでいた一行を、夏山彦が迎えに来る。夏山彦は一行を館に連れて行く。そこには蚊取別の妻の祝姫一絃琴を弾いていた。〔第12巻第9章正夢#第10章深夜の琴#

祝姫は白瀬川の大蛇退治の途中、滝で邪神によって苦しめられていたところを、夏山彦に助けられ、館に滞在していたのだった。夏山彦は祝姫に恋をしてしまい、祝姫はそのために苦しんでいた。蚊取別は祝姫に離縁を言い渡し、夏山彦と結婚せよと言う→その詳細は「蚊取別」「祝姫」を見よ。 〔第12巻第11章狸の土舟#第12章化身#

次は名前だけの登場である。

似たような名前の人物

脚注

  1. 第12巻第6章#:「イホの都の主宰神 夏山彦の酋長は」、第12巻第9章#:「イホの都の酋長が 世人助くる手段さへ 夏山彦の神司」
  2. 第12巻第12章#:「イホの酋長即ち此処に在します夏山彦様に」、第35巻第9章#:「三五教の宣伝使で埃及の酋長なる夏山彦様の御館へ」