十六神将

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

十六神将(じゅうろくしんしょう)は、霊界物語に登場する神将の集団16人のことである。2つある。

  1. シオン山の戦いのときに大八洲彦命が組織した十六神将
  2. 黄泉比良坂の戦いのときに日の出神が組織した十六神将

シオン山の戦いの十六神将

十六神将に扮した人たち(右から二人目が王仁三郎)昭和10年10月13日、穴太にて撮影)

シオン山の戦いのときに、大八州彦命が魔軍からシオン山を防衛するために組織した16人の神将である。真鉄彦吾妻別大足彦磐樟彦にそれぞれ北、東、南、西の上がり口を守らせた。他の12人の守備位置は不明。〔第2巻第1章攻防両軍の配置#

  1. 真鉄彦(まがねひこ)…北方の上がり口
  2. 谷川彦(たにがわひこ)…
  3. 谷山彦(たにやまひこ)…
  4. 宮比彦(みやびひこ)…
  5. 康代彦(やすよひこ)…
  6. 真言彦(まことひこ)…
  7. 奥山彦(おくやまひこ)…
  8. 磐樟彦(いわくすひこ)…西方の上がり口
  9. 広足彦(ひろたるひこ)…
  10. 神座彦(かみくらひこ)…
  11. 香川彦(かがわひこ)…
  12. 花照彦(はなてるひこ)…
  13. 大足彦(おおだるひこ)…南方の上がり口
  14. 道貫彦(みちつらひこ)…
  15. 吾妻別(あづまわけ)…東方の上がり口
  16. 花森彦(はなもりひこ)…

このときシナイ山稚桜姫命によって「八神将」が組織された。

この十六神将のうち次の6人は、大八洲彦命を天使長とする十六天使のメンバーになっている。真鉄彦磐樟彦大足彦道貫彦吾妻別花森彦の6人。〔第3巻第1章神々の任命#

また次の5人は十二の山八王になっている。真鉄彦鬼城山)、磐樟彦万寿山)、道貫彦モスコー)、吾妻別タコマ山)、花森彦新高山)。〔第3巻第2章八王神の守護#

昭和10年(1935年)10月13日、王仁三郎穴太で十六神将に扮した撮影を行った(写真参照)。このことが後に第二次大本事件の裁判で争点の一つとなった。

黄泉比良坂の戦いの十六神将

黄泉比良坂の戦いのとき、神伊邪那諾神の神勅を奉じて黄泉島に進軍した日の出神は、先陣に3将、本体に3将、後陣に2将、左翼に2将、右翼に2将、そして遊軍に4将、合計16の神将を配して鶴翼の陣を張った。〔第10巻第21章桃の実#

  1. 石拆司(いわさくのかみ)…先陣
  2. 根拆司(ねさくのかみ)…先陣
  3. 石筒之男司(いわつつのおのかみ)…先陣
  4. 甕速日司(みかはやびのかみ)…本体
  5. 樋速日司(ひはやびのかみ)…本体
  6. 建布都司(たけふつのかみ)…本体
  7. 闇淤加美神(くらおかみのかみ)…後陣
  8. 闇御津羽神(くらみつはのかみ)…後陣
  9. 正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)…左翼
  10. 駒山彦(こまやまひこ)…左翼
  11. 奥山津見神(おくやまづみのかみ)…右翼
  12. 志芸山津見神(しぎやまづみのかみ)…右翼
  13. 闇山津見神(くらやまづみのかみ)…遊軍
  14. 羽山津見神(はやまづみのかみ)…遊軍
  15. 原山津見神(はらやまづみのかみ)…遊軍
  16. 戸山津見神(とやまづみのかみ)…遊軍

この16人は古事記では、伊邪那岐命が十握の剣で迦具土神の首を斬ったときに成った神である。最初の8人(石拆司~闇御津羽神)は第8巻第39章言霊解一#の後半に、残りの8人(正鹿山津見神~戸山津見神)は第8巻第40章言霊解二#の冒頭に名前が出る。→「古事記と霊界物語の神名対照#火神被殺」も参照

ただし、淤縢山津見神だけが十六神将に入っておらず、代わりに駒山彦が入っている。

脚注

  1. 第9巻第16章蛸釣られ#:駒山彦は(略)名を羽山津見神と改め、黄泉比良坂の神業に参加したり

関連項目