十六天使

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

十六天使(じゅうろくてんし)は、霊界物語に登場する天使の集団16人のことである。国祖が天地の律法を天上地上にあまねく広めるために、十六柱の天使を霊主体従(ひのもと)の天使として任命した。天使長大八洲彦命

  • 第3巻第1章神々の任命#だけに出る。
  • 後に国祖は十二の山に八王八頭を任命したとき、十六天使のうち12人を八王神に任命している。この12人を「十二神将」と呼ぶ。
  • 16人のうち6人は、第2巻のシオン山の神戦のときの「十六神将」のメンバーである。
  • 大八洲彦命が天使長兼宰相のとき、言霊別命、神国別命、大足彦の3人は天使であった。この4人は国大立命(素盞嗚尊のこと)の四魂である。[1]
名前 八王神となった山 十六神将
大八洲彦命(おおやしまひこのみこと) (大将)
言霊別命(ことたまわけのみこと)
神国別命(かみくにわけのみこと)
大足彦(おおだるひこ)
花森彦(はなもりひこ) 新高山
磐樟彦(いわくすひこ) 万寿山
元照別(もとてるわけ) ローマ
道貫彦(みちつらひこ) モスコー
貴治彦(たかはるひこ) ロッキー山
有国彦(ありくにひこ) 長白山
真鉄彦(まがねひこ) 鬼城山
磐玉彦(いわたまひこ) コンロン山
斎代彦(ときよひこ) 天山
吾妻別(あずまわけ) タコマ山
神澄彦(かむすみひこ) 青雲山
高山彦(たかやまひこ) ヒマラヤ山

脚注