十二の山

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

十二の山(じゅうにのやま)は、霊界物語第3巻で、国祖国治立命太白星の十二個の玉国魂として配置した世界12の地域のこと。ただしそのうち2ヶ所は「山」ではない。また「十二の山」は霊界物語で使われている言葉ではなく、その12の地域を表すために便宜的に用いている言葉である。

  • 国祖国治立命は、シオン山に鎮祭していた12個の玉(太白星の十二個の玉)を世界の各所に配置して国魂の神と定め、各地に主権者の八王神と玉の守護神である八頭神を任命した。[1]
  • この玉が配置された場所が「十二の山」である(下の一覧表を参照)。ただしローマモスコーは地理的には山ではなく平地である。
  • 邪神がそれぞれの山の国魂を奪い取ろうとして暗躍するエピソードが第3巻第3章から第32章にかけて描かれている。
  • ヒマラヤ山国祖隠退後に地教山と改称されている。[2]
  • 第6巻の大洪水の後、伊邪那岐命はあらためて国魂の神を任命しているが、旧・八王八頭のどちらかが国魂に任命されている。ただし「八王」とか「八頭」という名称は使われていない(下の表の「大洪水後」の項を参照)。[3]
  • 12の玉の色は基本的に各玉ごとに異なるが、ローマ長白山だけはどちらも「白」である。
十二の山
玉の色八王神八頭神八頭の妻大洪水後第3巻でエピソードが描かれている章相応する地域(世界)相応する地域(日本)
新高山花森彦高国別高国姫花森彦第3章#第4章#台湾の玉山(新高山)高城山(位田の向)
万寿山磐樟彦瑞穂別瑞穂姫瑞穂別第15章#北京の万寿山亀岡
ローマ元照別朝照彦朝照姫元照別第27章#第28章#イタリアのローマ大阪
モスコー道貫彦夕日別夕照姫夕日別第26章#ロシアのモスクワ京都
ロッキー山[4]貴治彦
言代別命
靖国別
足世彦命
靖国姫
 
国玉別第5章#第8章#アメリカのロッキー山脈鬼城山
鬼城山真鉄彦元照彦元照姫-第9章#第12章#アメリカのナイアガラの滝の南側(ワシントン?)福知山
長白山有国彦磐長彦玉代姫磐長彦第13章#第14章#朝鮮半島の白頭山(長白山)半国山
崑崙山磐玉彦大島彦大島姫磐玉彦第23章#チベット高原の崑崙山脈大台ヶ原
天山斎代彦谷山彦谷山姫谷山彦第22章#中央アジアの天山山脈伊吹山
青雲山神澄彦吾妻彦吾妻姫吾妻彦第19章#第20章#チベットとインドの国境附近帝釈山
ヒマラヤ山地教山高山彦ヒマラヤ彦ヒマラヤ姫ヒマラヤ彦第21章#ヒマラヤ山脈比叡山
タコマ山(蛸間山)吾妻別国玉別国玉姫吾妻別第24章#第25章#アメリカ・ワシントン州のレーニア山八重垣

[注]

  • この表の順序は第3巻第2章#に出てくる順序である。
  • 「相応する地域(世界)」は推定。「相応する地域(日本)」は『新月の光』の「霊界物語の地名」[5]に記載されているもの。ただし必ずしもその場所だとは限らないので断定的に捉えるべきではない。

脚注

  1. 第3巻第2章八王神の守護#
  2. 第5巻第28章地教山の垂示#
  3. 第6巻第27章神生み#
  4. 第3巻第8章従神司の殊勲#で八王神・八頭神が言代別命・足世彦命に変更されている。
  5. 八幡書店版 上巻217頁