十一神将

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

十一神将(じゅういちしんしょう)は、

(1) 霊界物語第77巻に登場する次の十一柱の神々のこと。主の大神万里の島を永久の楽園とするため、田族比女の神に十柱の神を従えさせ、万里の島に下らせた[1]。(次の順序は第77巻第7章に列記されている順序。●印は五男三女神

  1. 田族比女の神(たからひめのかみ):八十柱の御樋代神の中で最も神力が強い神。
  2. 若春比古の神(わかはるひこのかみ):ウ(ア行ウ)の言霊から生まれた神。
  3. 保宗比古の神(もちむねひこのかみ):ヱの言霊から生まれた神。●
  4. 直道比古の神(なおみちひこのかみ):ヰの言霊から生まれた神。●
  5. 山跡比女の神(やまとひめのかみ):ヤの言霊から生まれた神。●
  6. 千貝比女の神(ちかいひめのかみ):ヨの言霊から生まれた神。●
  7. 湯結比女の神(ゆむすびひめのかみ):ユの言霊から生まれた神。●
  8. 正道比古の神(まさみちひこのかみ):マの言霊から生まれた神。●
  9. 輪守比古の神(わもりひこのかみ):ワの言霊から生まれた神。
  10. 雲川比古の神(くもかわひこのかみ):プの言霊から生まれた神。●
  11. 霊山比古の神(たまやまひこのかみ):ヲの言霊から生まれた神。●


(2) 霊界物語第77巻第2篇の篇題。

脚注

関連項目