上山南洋

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

上山南洋(かみやま なんよう、大正2年(1913年)2月15日 - 昭和49年(1974年)11月26日、61歳)は、昭和期の大本の幹部。ジャーナリスト。石川県出身。京都皇学館卒業。本名は「外二」。

早くから王仁三郎に師事し、第二次大本事件までは直接王仁三郎のもとで活躍した。

人類愛善会副会長、大本参議、北国新聞社副社長、同主筆などを歴任。『出口王仁三郎著作集 第四巻』(読売新聞社)の編集・解説を行った。

第4回原水禁世界大会(1958年)議長。

参考文献