アーシス

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

アーシス(あーしす)は、霊界物語の登場人物。月の国玉木村の里庄テームス家の下僕[1]

概要

主なエピソード

ビクトリヤ王の落胤のお民と結婚する。〔第55巻第9章#第55巻第14章#

実父である左守キュービットと親子対面。キュービットの息子ハルナの兄に当たる。アーシスはもともとは名前をモンテスといった。ビクトリヤ城内でハルナと対面、兄弟の名のりをあげ悦ぶ。〔第55巻第18章音頭#第55巻第21章嬉涙#

脚注

  1. 第55巻第5章飯の灰#:「テームス夫婦は下僕のアーシスと共に」
  2. 第55巻第10章鬼涙#:アーシスの歌「テームス館に使はれて 朝な夕なに家政をば 統轄したるアーシスは 賤しき首陀の胤ならず 由緒も深きビクの国 左守の司のキユービツトが 其落胤と聞えたる 此世を忍ぶ独身者」