お勝

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search

お勝(おかつ)は、霊界物語に登場する人物。宗彦国依別)の妻だったが、後に実の妹だと判明して離縁し、田吾作玉治別)と結婚する。

概要

主なエピソード

宗彦と妻・お勝は、バラモン教の修験者となって巡礼の旅をしていた。宇都山村松鷹彦と出会い、改心する。2人は武志の宮(松鷹彦が神主)で神に仕えることになる。

松鷹彦には息子2人と娘1人がいたが、昔、悪人に誘拐され、生き別れになっていた。それが天の真浦宗彦・お勝の3人だと判明する。娘のお梅には臍の上に三角形に並んだ三つの黒子があったが、お勝にもそれがあったのだ。

宗彦とお勝は血がつながった兄妹であるが、それを知らずに夫婦になっていた。宗彦は「素より兄妹と知つて天則を犯したのでもなし、知らず識らずの反則であるから神様も赦して下さるだらう。何うぞ心配してくれな、併し兄妹と分つた以上は、お前の望み通り暇を上げませう」と言って2人は離縁する。お勝は田吾作玉治別)の妻となった。〔以上、第20巻第5~7章〕

玉治別と妻のお勝は、高姫の病気を見舞いに、綾の聖地の高姫の館へ行く。〔第22巻第6章見舞客#

これ以降は、話中にお勝の名前が出るだけで、舞台には登場しない。

関連人物