「黄泉比良坂」の版間の差分

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search
(文字列「本頁」を「本項」に置換)
(タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集)
(概要)
 
8行目: 8行目:
  
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
* 表記ゆれ:比良坂(ひらさか)、黄泉坂(よもつざか)、黄泉津比良坂(よもつひらさか) <ref>使用回数は、黄泉比良坂52回、比良坂8回、黄泉坂1回、黄泉津比良坂1回</ref>
+
* 表記ゆれ:比良坂(ひらさか)、黄泉坂(よもつざか)、黄泉津比良坂(よもつひらさか)、黄泉平坂(よもつひらさか) <ref>使用回数は、黄泉比良坂52回、比良坂8回、黄泉坂1回、黄泉津比良坂1回、黄泉平坂1回</ref>
 
* 初出:{{rm|8|7|蛸入道}}(黄泉比良坂)
 
* 初出:{{rm|8|7|蛸入道}}(黄泉比良坂)
  

2020年5月21日 (木) 07:15時点における最新版

黄泉比良坂(よもつひらさか)は、

  1. 霊界物語に登場する坂。黄泉島(ムー大陸)にある。
  2. 霊界物語第8巻第6篇の篇題。

本項では坂としての黄泉比良坂について解説する。


概要

  • 表記ゆれ:比良坂(ひらさか)、黄泉坂(よもつざか)、黄泉津比良坂(よもつひらさか)、黄泉平坂(よもつひらさか) [1]
  • 初出:第8巻第7章蛸入道#(黄泉比良坂)

主なエピソード

黄泉比良坂が舞台として登場するのは第10巻第21章桃の実#第24章言向和#第12巻第27章航空船#だけである。

黄泉比良坂の戦い

黄泉比良坂において、日の出神が率いる神軍と、常世国の魔軍との決戦が行われる。〔第10巻第21章桃の実#第24章言向和#〕 →詳細は「黄泉比良坂の戦い」を見よ

黄泉島の沈没

祝部神が乗った筑紫丸が黄泉島に近づくと、黄泉島は轟然たる音響を立てて海中に沈み始めた。島の曲津神たちは黄泉比良坂をさして逃げて行く。祝部神は黄泉比良坂の坂の上に登り、千引の岩に端坐して神言を奏上する。〔第12巻第27章航空船#〕 →詳細は「黄泉島」を見よ

日本神話における黄泉比良坂

日本神話において黄泉比良坂(古事記では黄泉比良坂だが、日本書紀では泉津平坂)とは、死者が住む黄泉の国と、生きている者が住んでいる現界との、境界にある坂である。

死んだイザナミに会うため黄泉の国に下ったイザナギは、イザナミを怒らせてしまい、黄泉軍に追い駆けられるが、黄泉比良坂まで逃げ、桃の実を投げて撃退する。最後にイザナミが追い駆けて来るが、イザナギは黄泉比良坂に千引の岩を置いて塞ぎ、地上に還って来た。

伊賦夜坂

この坂は出雲国の「伊賦夜坂」であると古事記に記載されているが、霊界物語第8巻第43章言霊解五#の後半に伊賦夜坂の言霊解が載っている。イフヤザカの五つの言霊を約言すると「善悪正邪の分水嶺」となる。

松江市東出雲町揖屋(いぶや)に、伊賦夜坂(黄泉比良坂)の比定地がある。

黄泉比良坂は南洋諸島?

新月の光』によると「今の太平洋の戦は黄泉比良坂の戦である。南洋の島は陥没した黄泉島の高い所である」。[2]

つまり黄泉比良坂は南洋諸島ということか?

脚注

  1. 使用回数は、黄泉比良坂52回、比良坂8回、黄泉坂1回、黄泉津比良坂1回、黄泉平坂1回
  2. 新月の光0751「黄泉比良坂の戦」

関連項目

外部リンク