「霊界物語第51巻の諸本相違点」の版間の差分

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「{{RmSyohonSouiten|第51巻}} ---- {| class="rm_syohon_souiten" |八||p265||文助の手'''により'''奪還せしむる場面より、 |- |愛||p3||文助の手'''よ…」)
 
(相違点なし)

2020年5月21日 (木) 03:56時点における最新版

霊界物語第51巻の諸本相違点について記す。

霊界物語の諸本相違点とは、霊界物語刊本の諸本(初版校定版愛善世界社版など)の本文の相違点のことである。

  • 諸本すべてをチェックしたわけではない。飯塚弘明霊界物語ネットのデータ作成の過程において気がついた相違点をピックアップしたものである。霊界物語ネットは愛善世界社版を底本にしており、主に愛善世界社版八幡書店版との相違点をピックアップしてある。全ての相違点ではなく、あくまでも気がついた点だけである。
  • 八幡書店版の本文は校定版とほぼ同じである。また、王仁DBのデータは霊界物語ネットと同じである。
  • 各諸本を次のように略す。 初…戦前の初版 再…戦前の再版(第二版のこと) 三…戦前の三版(四版以降も同様に略す) 御…聖師御校正本 普…普及版 校…校定版 修…修補版 八…八幡書店版(八幡版) 愛…愛善世界社版(愛世版) R…霊界物語ネット
  • 最も基準にすべき原典は御校正本であり、それと他の諸本を比較すべきである。また、八幡版の底本は校定版である。しかし霊界物語ネットのデータ作成の段階では御校正本や校定版が入手できなかったため、やむを得ず、八幡版や愛世版を基準にして、御校正本や校定版を比較しているかのような書き方をしている場合もある。
  • ストーリー上の矛盾や、意味の変更を伴うような重大な相違点については 【重大】 という表示を付けた。

p265 文助の手により奪還せしむる場面より、
p3 文助の手より奪還せしむる場面より、
愛世版と同じ
p2(総説) 沈むところより、ガリヤ、ケース、初公、徳公が狸のために裸体となつて角力を取らせらるる
p3 沈むところより、ケース、初公、徳公が(略) (「ガリヤ」が削除されている)
p265 校定版と同じ
p3 再版と同じ
【重大】校定版と同じ(第17章でケース・初公・徳公の3人が相撲を取り、その後、第18章でガリヤがやって来たので、ガリヤ自身が相撲を取ったわけではない。)
p310上 実のところは痛くつて仕方がありませぬワ』
p119 実の所は痛くつて痛くつて仕方がありませぬワ』
愛世版と同じ
p165(第9章) 頭に七宝の纓絡(えいらく)の垂らした冠を
p141 頭に七宝の瓔珞(やうらく)の垂らした冠を
p315下 校定版と同じ
p137 再版と同じ
再版と同じ(一般的には「瓔珞」と書くが「纓絡」とも書くので誤字ではない)
p343上 辛いものだ。ホホホホホ』(改行)『アハハハハハ、フフフフフ』
p212 辛いものだ。ホホホホホアハハハハハ、フフフフフ』
愛世版と同じ
p353下 どれもこれも皆往生いたす代物だからだ、アハハハハ』
p241 どれもこれも皆往生致す代物ばかりだ、アハハハハ』
愛世版と同じ
p362上 寂滅為楽頓菩提と
p265 寂滅為楽頓菩提と
愛世版と同じ