「霊界物語第47巻の諸本相違点」の版間の差分

出典: 出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア(Onipedia)』
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「{{RmSyohonSouiten|第47巻}} * 「再」は「再版」の略で、第二版のことである。 ---- {| class="rm_syohon_souiten" |八||p477下||馬も何も'''うつ…」)
 
(相違点なし)

2020年5月19日 (火) 21:33時点における最新版

霊界物語第47巻の諸本相違点について記す。

霊界物語の諸本相違点とは、霊界物語刊本の諸本(初版校定版愛善世界社版など)の本文の相違点のことである。

  • 諸本すべてをチェックしたわけではない。飯塚弘明霊界物語ネットのデータ作成の過程において気がついた相違点をピックアップしたものである。霊界物語ネットは愛善世界社版を底本にしており、主に愛善世界社版八幡書店版との相違点をピックアップしてある。全ての相違点ではなく、あくまでも気がついた点だけである。
  • 八幡書店版の本文は校定版とほぼ同じである。また、王仁DBのデータは霊界物語ネットと同じである。
  • 各諸本を次のように略す。 初…戦前の初版 再…戦前の再版(第二版のこと) 三…戦前の三版(四版以降も同様に略す) 御…聖師御校正本 普…普及版 校…校定版 修…修補版 八…八幡書店版(八幡版) 愛…愛善世界社版(愛世版) R…霊界物語ネット
  • 最も基準にすべき原典は御校正本であり、それと他の諸本を比較すべきである。また、八幡版の底本は校定版である。しかし霊界物語ネットのデータ作成の段階では御校正本や校定版が入手できなかったため、やむを得ず、八幡版や愛世版を基準にして、御校正本や校定版を比較しているかのような書き方をしている場合もある。
  • ストーリー上の矛盾や、意味の変更を伴うような重大な相違点については 【重大】 という表示を付けた。
  • 「再」は「再版」の略で、第二版のことである。

p477下 馬も何もうつちやつて、命カラガラ遁走した
p19 馬も何も打(う)ちやつて命カラガラ遁走した
愛世版と同じ
p488下 『差別愛とは偏狭な愛のやうなものだ。 (誤字)
p49 『差別愛とは偏狭な愛の様なものだ。
愛世版と同じ
p57(第3章) 有難い消息が秘められてあるのだ(略)信仰によつて
p51 再版と同じ
p489上 再版と同じ
p49-50 有難い消息が秘められてあるのだ(略)信仰によつて
再版と同じ(治国別の連続したセリフなのでカギ括弧が入るのはおかしい)
p496上 有無をいはせず捕らへて、陣中へ
p68 有無を云はせず、ひつ捕らへて陣中へ
愛世版と同じ
p105(第5章) 『さう沢山さうにエキスエキスと
p91 再版と同じ
p503上 『さう沢山にエキスエキスと
p87 再版と同じ
再版と同じ
p505下 女は実に、エターナルのアイドルだといはなければならぬぢやないか』
p93 女は実にエタアナルのアイドルだと云はなければならぬぢやないか』
愛世版と同じ
p115(第6章) 議場や慈善愛国の
p99 議場や慈善愛国の
p506上 校定版と同じ
p95 再版と同じ
再版と同じ(「念」は「会」の誤字ぽいが、「念」でも意味が通らないわけではないので「念」のままにしておく)
p140(第7章) 不承無精カンカンの上へ身を載せた。
p121 不承不承看貫(かんかん)の上へ身を載せた。
p514上 校定版と同じ
p117 再版と同じ
再版と同じ
p517下 一文半銭も出す気遣ひはない……が……
p125 一文生中も出す気遣はない……が……
愛世版と同じ
p518下 かくのごとく、おのれ良からむ事を願ふ
p128 斯の如く己のみ良からむ事を願ふ
愛世版と同じ
p521上 その下にあるものは、ず根底の国へ相応するものである。 (誤字)
p133 其下にあるものはず根底の国へ相応するものである。
愛世版と同じ
p522上 神の御子たる本文を尽し、 (誤字)
p136 神の御子たる本分を尽し、
愛世版と同じ
p529上 いづれもみな瑞の御霊神素盞嗚様の御神格が
p153 何れも皆瑞の御霊神素盞嗚様の御神格が
愛世版と同じ
p556下 痩衰へた体は元如く肥太り、 (誤字)
p225 痩衰へた体は元如く肥太り、
愛世版と同じ
p566下 一方の手のみが働いてをるやうにみえます。その実は
p252 一方の手のみが働いてゐるやうに見えますが、其実は
愛世版と同じ
p566下 凡てを忘れて、安々とりにつくごとく、 (誤字)
p253 凡てを忘れて、安々とりにつく如く、
愛世版と同じ
p319(第18章) 上下和合の真相は到底天国でなくては実見(じつけん)することは出来ますまい。
p272 再版と同じ
p569下 上下和合の真相は、たうてい天国でなくては実現することは出来ますまい。
p260 再版と同じ
再版と同じ
p574上 宣伝使を歌ひながら、五三公の案内につれて、 (誤字)
p272 宣伝を歌ひながら、五三公の案内につれて、
愛世版と同じ