「芳公」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''芳公'''(よしこう)は、霊界物語に登場する人物。3人いる。 # {{rm|7|20|副守飛出}}に登場する芳公は、第1巻で「黄金…」)
 
(相違点なし)

2019年11月7日 (木) 15:11時点における最新版

芳公(よしこう)は、霊界物語に登場する人物。3人いる。

  1. 第7巻第20章副守飛出#に登場する芳公は、第1巻で「黄金水の十二個の玉」の一つである紫の玉を保管していた芳彦のこと。 →「芳彦」を見よ
  2. 第8巻第21章滝の村#に登場する芳公は、巴留の国滝の村の村人。仇名は「喧嘩芳」。酒に酔い、村人の虎公(仇名は「喧嘩虎」)と殴り合いの喧嘩をする。
  3. 第33~35巻に登場する芳公は、黒姫の従者3人(孫公房公芳公)のうちの1人。 →「孫公・房公・芳公」を見よ