秋公

提供: Onipedia
2019年3月7日 (木) 09:07時点におけるIHiroaki (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

秋公(あきこう)は、霊界物語の登場人物。4人いる。

  1. カスピ海東岸の孔雀姫の館にやってきた、ウラル教の五人の捕り手のうちの一人。他に松公竹公梅公などがいる。三五教時公たちの対応に感激して五人とも三五教に改心する。この秋公についてはセリフはなく、ただ名前だけが出る。第11巻第13章転腹#だけに出る。
  2. 宇津山郷の断崖から天の真浦を突き落とした二人(駒彦秋彦)のうちの秋彦のニックネーム。同僚の駒彦が秋彦を「秋公」と呼んでいる。第20巻第1章武志の宮#だけに出る。(第27巻第1章高姫館#の国依別の歌に出る「秋公」もこの秋彦のことだと思われる) →「秋彦」を見よ
  3. 熊野の若彦館の二人の門番(秋公・七五三公)のうちの一人。第23巻第2章副守囁#第9章高姫騒#に出る。 →「秋公 (若彦館)」を見よ
  4. ヒルの国楓別命の部下・秋山別のニックネーム。内事の司のモリスが秋山別を「秋公」と呼んでいる。初出:第31巻第7章妻の選挙#。第31巻だけに出る。 →「秋山別」を見よ