「真澄の鏡」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''真澄の鏡'''(ますみのかがみ)とは、 (1) 霊界物語に登場する神器。 (2) 七十五声の言霊のこと。「鏡は神であります…」)
 
(概要)
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
2行目: 2行目:
  
 
(1) [[霊界物語]]に登場する神器。
 
(1) [[霊界物語]]に登場する神器。
 +
 
(2) 七十五声の[[言霊]]のこと。「鏡は神であります。さうして言霊であります。言霊七十五音を'''真澄の鏡'''と申します。三種の神器の一を八咫の鏡と申すのは即ち七十五声の言霊であります」〔{{rm|12|30|天の岩戸}}〕、「斯の清き流の末の濁りを、'''真澄の鏡'''の言霊に清め改め、世界を十二の国に立別け、一つの源の流れに立直し」〔{{is|25|大正8年3月7日}}〕。
 
(2) 七十五声の[[言霊]]のこと。「鏡は神であります。さうして言霊であります。言霊七十五音を'''真澄の鏡'''と申します。三種の神器の一を八咫の鏡と申すのは即ち七十五声の言霊であります」〔{{rm|12|30|天の岩戸}}〕、「斯の清き流の末の濁りを、'''真澄の鏡'''の言霊に清め改め、世界を十二の国に立別け、一つの源の流れに立直し」〔{{is|25|大正8年3月7日}}〕。
  
7行目: 8行目:
  
 
 →七十五声の言霊を配した図表は「[[真素美の鏡]]」を見よ
 
 →七十五声の言霊を配した図表は「[[真素美の鏡]]」を見よ
 +
 
 →霊界物語で[[聖地エルサレム]]の宮殿に安置してある鏡は「[[真澄の大鏡]]」を見よ
 
 →霊界物語で[[聖地エルサレム]]の宮殿に安置してある鏡は「[[真澄の大鏡]]」を見よ
  
12行目: 14行目:
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
 
* 初出:{{rm|2|4|真澄の神鏡}}
 
* 初出:{{rm|2|4|真澄の神鏡}}
 +
* 表記ゆれ:真寸美の鏡
 
* 「'''天の真澄の鏡'''(あめのますみのかがみ)」と「'''国の真澄の鏡'''(くにのますみのかがみ)」の2つあり、どちらももともと[[木花姫命]]が持っていた。
 
* 「'''天の真澄の鏡'''(あめのますみのかがみ)」と「'''国の真澄の鏡'''(くにのますみのかがみ)」の2つあり、どちらももともと[[木花姫命]]が持っていた。
 
* {{rm|2|4|真澄の神鏡}}で[[大足彦]]は、木花姫命から「天の真澄の鏡」を授かった。<ref>{{rm|2|4|真澄の神鏡}}には単なる「真澄の鏡」としか書いていないが、{{rms|2|7|天地の合せ鏡}}に「さきに木花姫命より大足彦に賜はりしは国の真澄の鏡である」と記されている。</ref>
 
* {{rm|2|4|真澄の神鏡}}で[[大足彦]]は、木花姫命から「天の真澄の鏡」を授かった。<ref>{{rm|2|4|真澄の神鏡}}には単なる「真澄の鏡」としか書いていないが、{{rms|2|7|天地の合せ鏡}}に「さきに木花姫命より大足彦に賜はりしは国の真澄の鏡である」と記されている。</ref>

2019年8月13日 (火) 17:23時点における版

真澄の鏡(ますみのかがみ)とは、

(1) 霊界物語に登場する神器。

(2) 七十五声の言霊のこと。「鏡は神であります。さうして言霊であります。言霊七十五音を真澄の鏡と申します。三種の神器の一を八咫の鏡と申すのは即ち七十五声の言霊であります」〔第12巻第30章天の岩戸#〕、「斯の清き流の末の濁りを、真澄の鏡の言霊に清め改め、世界を十二の国に立別け、一つの源の流れに立直し」〔伊都能売神諭大正8年3月7日#〕。

本項では(1)について解説する。

 →七十五声の言霊を配した図表は「真素美の鏡」を見よ

 →霊界物語で聖地エルサレムの宮殿に安置してある鏡は「真澄の大鏡」を見よ


概要

  • 初出:第2巻第4章真澄の神鏡#
  • 表記ゆれ:真寸美の鏡
  • 天の真澄の鏡(あめのますみのかがみ)」と「国の真澄の鏡(くにのますみのかがみ)」の2つあり、どちらももともと木花姫命が持っていた。
  • 第2巻第4章真澄の神鏡#大足彦は、木花姫命から「天の真澄の鏡」を授かった。[1]
  • 第2巻第7章天地の合せ鏡#に「天地揃うて合せ鏡という神示は、この二個の神鏡の意である」とある。この「神示」とは大本神諭大正5年旧11月8日#の「天からと地からと両鏡で、世界の事を帳面に付け止めてある同様に判りて居るから」のことか? 「天地の合せ鏡」という言葉は「相応」と同じような意味として使われる。【例】「何事も天地の合せ鏡と云つて、国魂の清い所は又それ相当に清い美しい景色が天地自然に描き出されるものです」[2]

効果

真澄の鏡に照らすと、真の正体が暴き出されるような効果がある。

【例】

脚注

  1. 第2巻第4章真澄の神鏡#には単なる「真澄の鏡」としか書いていないが、第7章天地の合せ鏡#に「さきに木花姫命より大足彦に賜はりしは国の真澄の鏡である」と記されている。
  2. 第19巻第11章変態動物#の松姫のセリフ

類似語