「泥池の蓮」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''泥池の蓮'''(どろいけのはす)とは、仏教用語。一般には「泥中の蓮(でいちゅうのはちす)」と呼び、「泥の中に生える…」)
 
(相違点なし)

2019年11月6日 (水) 09:54時点における最新版

泥池の蓮(どろいけのはす)とは、仏教用語。一般には「泥中の蓮(でいちゅうのはちす)」と呼び、「泥の中に生える蓮の花。けがれた境遇にあってもこれに染まらず、清らかさを保つことのたとえ」〔広辞苑〕。

霊界物語第69巻第6章背水会#愛州国愛別)が、「僕は背水会の会長泥池の蓮公(どろいけのはすこう)さまだ。権門勢家に尾を掉るな。金銀に腰を屈するな」と、自分を泥池の蓮に喩えている。

外部リンク