「水谷清」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「{{kakikake}} '''水谷清'''(みずたにきよし)は、霊学者。 * 明治6年(1873年)7月15日、愛知県西春日井郡山田村大字中小田井(現…」)
 
3行目: 3行目:
 
'''水谷清'''(みずたにきよし)は、霊学者。
 
'''水谷清'''(みずたにきよし)は、霊学者。
  
 +
== 略歴 ==
 
* 明治6年(1873年)7月15日、愛知県西春日井郡山田村大字中小田井(現在の名古屋市西区山田町)で生まれる。明治27年(1894年)尋常師範学校を卒業。その後は教育者として生涯を送る。
 
* 明治6年(1873年)7月15日、愛知県西春日井郡山田村大字中小田井(現在の名古屋市西区山田町)で生まれる。明治27年(1894年)尋常師範学校を卒業。その後は教育者として生涯を送る。
 
* 明治41年(1908年)啓示を受けて鈴鹿の[[大石凝真素美]]を訪ね、[[天津金木]]運用の手ほどきを受ける。
 
* 明治41年(1908年)啓示を受けて鈴鹿の[[大石凝真素美]]を訪ね、[[天津金木]]運用の手ほどきを受ける。

2019年6月10日 (月) 15:39時点における版

この項目はまだ書きかけです。

水谷清(みずたにきよし)は、霊学者。

略歴

  • 明治6年(1873年)7月15日、愛知県西春日井郡山田村大字中小田井(現在の名古屋市西区山田町)で生まれる。明治27年(1894年)尋常師範学校を卒業。その後は教育者として生涯を送る。
  • 明治41年(1908年)啓示を受けて鈴鹿の大石凝真素美を訪ね、天津金木運用の手ほどきを受ける。

主な著書

  • 『古事記大講』全30巻、昭和2~8年、古事記大講刊行会(八幡書店から覆刻版あり)
  • 『日本国教原義』大正15年、平凡社
  • 『三種の神器』昭和2年、平凡社
  • 『大祓講話』昭和11年、平凡社(八幡書店から覆刻版あり)

など。

参考文献

『大石凝真素美全集 解説篇』p74「水谷清と朝倉尚絅」、八幡書店、昭和56年初版・62年三版

関連項目

  • 重政春峰:水谷清の高弟。『神通の原理と其応用』(昭和2年)、『大祓正解』(大正15年)を著す(八幡書店から覆刻版あり)。

外部リンク