「武蔵彦」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''武蔵彦'''(むさしひこ)は、霊界物語に登場する人物。「盤古大神の系統」の悪神で「黒色の大蛇」<ref>{{rm|1|24|}}:「…」)
(相違点なし)

2019年7月13日 (土) 17:27時点における版

武蔵彦(むさしひこ)は、霊界物語に登場する人物。「盤古大神の系統」の悪神で「黒色の大蛇」[1]春子姫(武蔵彦の娘[2])、足長彦らと共に「武蔵彦一派」[3]と呼ばれている。

第1巻第24章神世開基と神息統合#第25章武蔵彦一派の悪計#だけに登場する。

主なエピソード

地の高天原を攻めるため、まず善悪正邪が一目でわかる黄金の大橋(黄金橋)を破壊する必要があった。盤古大神の系統は武蔵彦を先頭に進んできた。次に春子姫、次に足長彦が現れる。しかし橋は容易に破壊できなかった。思案に尽きて、大地の霊なる金勝要神を手に入れようとしたり、瑞の御魂の排斥運動を試みたが、厳の御魂に謀計を看破され、武蔵彦一派は逃げ帰った。これが第一戦の第一計画である。[4]

ただちに第二の計画に移った。今度は大挙して一挙に黄金橋を破壊するために、数万の悪神たちを集めて密義を凝らした。竹熊木常姫が大将となり、橋の占領破壊に全力を尽くした。しかし第二の計画も破れ、娘の春子姫は悶死を遂げた。武蔵彦は'''筑波仙人'''(邪神界の第三階級に属する地仙)の体を借りて、竜宮城の占領を企てた。武蔵彦の目的は竜宮城だけでなく地の高天原をも占領し、国常立尊を退去させ、盤古大神に代わらそうというのが根本的な目的だった。武蔵彦は竹熊に策を授けて再挙を企てた。[5]

これ以降は、悪神の活動は竹熊が中心となり、武蔵彦は登場しない。

脚注

  1. 第1巻第24章#:「ここに盤古大神の系統は武蔵彦を先頭に立てて進んできた。これは非常に大きな黒色の大蛇である」
  2. 第1巻第25章#:「春子姫の親なる武蔵彦は」
  3. 第1巻第25章#の章題「武蔵彦一派の悪計」。
  4. 第1巻第24章神世開基と神息統合#
  5. 第1巻第25章武蔵彦一派の悪計#