「春子姫」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''春子姫'''(はるこひめ)は、霊界物語に登場する人物。複数いる。 # 第1巻に登場する春子姫。武蔵彦一派の悪神で…」)
(相違点なし)

2019年7月13日 (土) 15:45時点における版

春子姫(はるこひめ)は、霊界物語に登場する人物。複数いる。

  1. 第1巻に登場する春子姫。武蔵彦一派の悪神で、武蔵彦の娘[1]。「悪狐の姿をした悪神」[2]。悶死して根の国底の国に落ちる[3]第1巻第24章神世開基と神息統合#第25章武蔵彦一派の悪計#のみに登場する。
  2. 第3巻に登場する春子姫。百照彦真心彦の従臣)の妻[4]第3巻第45章猿猴と渋柿#第46章探湯の神事#のみに登場する。舞曲に秀でており「天上における第一位の芸能者」[5]。夫のために、主の真心彦(天使長・沢田彦命の部下の天使)に舞曲を披露する。しかし真心彦がたびたび春子姫を招いて舞曲を演じさせたため、真心彦と春子姫の間によからぬ風評が立った。それを耳にした国治立命は真心彦に不義の行為の有無を問いただす。真心彦と春子姫は探湯の神事を行い、潔白が証明された。このエピソードは三鏡月鏡「探湯の釜」#でも言及されている。また、伊都能売神諭大正8年3月8日#にも出てくるが、真心彦と春子姫の間に「怪しき行為が結ばれた」と記されている。
  3. 第69巻に登場する春子姫。ヒルの国清香姫(国司・楓別命の娘)の侍女。単に「春子」とも呼ばれている。清香姫と共に城を脱け出す。第69巻第17章琴玉#第22章有終#に登場する。

名前が似ている人物

  • 春子太夫:大本信者で、大阪の浄瑠璃語りの名人。本名は福井清吉[6]

このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

  1. 第1巻第25章#:「春子姫の親なる武蔵彦は」
  2. 第1巻第24章#
  3. 第1巻第25章#:「春子姫は遂に悶死を遂げ、根の国底の国に落ち行くの止むを得ざる破目となつた」
  4. 第3巻第45章#:「また真心彦には国比古、国比女の夫婦および百照彦を従臣として奉仕せしめられたり」「妻なる春子姫は」
  5. 第3巻第46章#:「天上における第一位の芸能者として、もてはやされしが」
  6. 『大地の母』「土だるま#