「幾公」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''幾公'''(いくこう)は、霊界物語に登場する人物。複数いる。 # 第18巻に登場する幾公。黒姫の部下で、浅公、[…」)
 
(相違点なし)

2019年9月11日 (水) 21:35時点における最新版

幾公(いくこう)は、霊界物語に登場する人物。複数いる。

  1. 第18巻に登場する幾公。黒姫の部下で、浅公梅公等と共に出る。初出:第18巻第7章神か魔か#
  2. 第30巻に登場する幾公。ウヅの都から、楠の森まで末子姫捨子姫を迎えに来た3人の使者(春公幾公鷹公)の中の1人。単に「幾」とも呼ばれる。「幾公」の名前は第30巻第12章マラソン競争#に1回出るだけだが、第7章提燈の光#で甲乙の名で登場し、末子姫一行と出会っている。
  3. 第34巻に登場する幾公。火の国建野ケ原の神館(建国別の館)の門番。玉公黒姫を館に案内して来たので応対する。初出:第34巻第10章空縁#
  4. 第69巻に登場する幾公。ウヅの都の松若彦の御家人。俥帳場に「交通取締」として現れ、愛州国愛別)の子分となる。初出:第69巻第5章性明#