「お里」の版間の差分

提供: Onipedia
Jump to navigation Jump to search
(ページの作成:「'''お里'''(おさと)は、霊界物語に登場する人物。2人いる。 # {{rm|33|21|峯の雲}}の高山彦の回顧歌に出る「お里」は、高…」)
 
(相違点なし)

2019年12月1日 (日) 04:27時点における最新版

お里(おさと)は、霊界物語に登場する人物。2人いる。

  1. 第33巻第21章峯の雲#高山彦の回顧歌に出る「お里」は、高山彦の昔の恋人。高山彦は青年時代にお里と二人でアーメニヤからフサの国へ駆け落ちした。その途中、新井峠で谷に架かった丸木橋から足を踏み外して谷底へ転落。高山彦は杣人に助けられたが、お里は行方不明。柏井川の橋の袂で、お里によく似た女(黒姫)に出会う。二人は恋に落ちて傍らの林の中で愛を紡ぐが、人の足音に気づいて別れて逃げ出す。それから高山彦はお里を探して旅をするが見つからなかった。
  2. 第44巻第45巻お寅の会話中に出る「お里」は、お寅の娘、長女。お菊の姉。お里が野良仕事に出たとき、万公が野倒しをして、夫婦気取りで一年ばかり暮らしていた。お里は難産の挙げ句に死んでしまい、万公はどこかに逃げてしまった。初出:第44巻第18章一本橋#